社長からのメッセージ
Message from President

未来に向けたAI及びIOT社会へ
貢献していきます

東信システムハウス社長の平田信之です。
当社はソフトウエアで社会を豊かに創り出すことを目指しています。具体的には社会活動に欠かせない車やバスなどのソフト開発、莫大に膨らむ情報通信用のソフト開発、災害を防止するための設備機器用のソフト開発、社会福祉関連の個人情報を扱うデータセンターの運用管理など多様なビジネスへ対応しています。
一方、当社の社名にあるシステムハウスはシステムいわゆる社会システムを束ねる家、ハウスを意味し、他方では色々な価値観と夢を抱いた社員が暖かく集まる場所であることを意味しています。
是非、当社への門をくぐり仲間となって世界へ羽ばたいてみませんか。

代表取締役社長 平田 信之

社長インタビュー
Interview for President

東信グループにおける当社の強みを教えてください

70年の歴史を誇る東信電気グループの中で、40年間に渡りソフトウエア開発を担っています。
ソフトウエア単独の開発でなく、ハードウエア開発及び国内外でのモノづくりの環境の中でビジネス成長してきました。
これは正に現在で言うAI、IOTを基盤に技術力を磨いてきた会社です。
この長い歴史の中で培っている有形無形の技術力が当社の強みそのものです。

日々、進化を遂げるIT業界の中で、どんな会社を目指していますか

世界が認める技術集団、更にビジネスモデルと技術力の進歩が遅れることのない力を持った会社造りを目指しています。

当社において技術者はどんな経験をできますか

最先端の技術開発、特にAI、IOTなどの技術開発を体験できます。

平田社長が大切にしていることは

古臭い言葉かもしれませんが、技術(ビジネスモデル含む)は日進月歩です。
自助として、技術者は日々の自己研鑽に励む。共助として、会社は教育プログラムを充実させています。私の活動は社員一人一人が楽しみ、誇りを持った仕事ができるハウス(会社)創りを一番に考えています。

この先、未来を支える皆さんに伝えたいことは

SDGs、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)を可能にするために、ドローン(空飛ぶ車)、AI(人口知能)、IOT(遠隔操作)などが更に進化し、私達の未来社会を豊かにし、更に持続可能にします。
その中心の一つがソフトウエア技術です。
ソフトウエア技術を学び、ビジネスに生かしている皆さんは世界の中心で輝いていることを約束します。

エントリーフォーム

会社説明会への参加

どちらのフォームからもご参加可能です。

マイナビ2022

先頭へ